オメガ3脂肪酸 効果

オメガ3脂肪酸ってなに?どんな効果があるの?

MENU
RSS

オメガ3脂肪酸ってなに?どんな効果があるの?

オメガ3脂肪酸は『αリノレン酸』と呼ばれるもので、エゴマ油やアマニ油などといった『健康油』と呼ばれるものに多く含まれています。

 

αリノレン酸は必須脂肪酸の一つでありますが、体内で生成する事の出来ない成分です。なので、食事から取り入れなくてはいけません。

 

魚

 

これらのオメガ3脂肪酸は私たちの体の中で『細胞膜の構成成分』となります。

 

また、αリノレン酸は同時に血管が詰まってしまう原因の『血栓』を防いだり、血圧やコレステロール値を下げたり、アレルギーやアトピーの症状を抑制したりする働きもあるのです。

 

 

私たちの健康維持のために必要なオメガ3脂肪酸ですが、αリノレン酸は体内に入ると『DHA』と『EPA』に変化する性質を持っています。

 

ご存知の通り、DHAは脳の海馬にも含まれている成分なので、摂取する事で脳の活性化にも繋がります。

 

特に脳細胞にはこれらの成分は必須なので、成長途中のお子さんなどには毎日必ず取り入れてもらいたい成分でもあります。

 

その他EPAは血液凝集作用を抑制する効果が高いので、血管が詰まるのを防いでくれるのです。これにより、心筋梗塞や脳溢血などの『成人病』と呼ばれる病気を防ぐ事にも繋がります。

 

 

このように、オメガ3脂肪酸は体内に取り入れられると『DHA・EPA』に変換され、様々な健康効果を得る事が出来るのです。

 

お魚から直接接種するのも良いのですが、オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸でもあるので、良質な油から取り入れる事も大切なのです。

 

最近読んだ記事の中では「サントリーDHA&EPA+セサミンEXを徹底レビュー」が分かりやすかったですね。このサプリを摂取したくなります。

DHA・EPAは赤ちゃんが摂取しても大丈夫?

DHAやEPAは、赤ちゃんにとっても欠かせない成分の一つです。

 

脳の発達に関係する成分なので、お母さんは妊娠中から積極的にDHAとEPAを含んだ食品を摂取する事が推奨されています!

 

DHAやEPAは食べすぎたからといって副作用が出る成分ではありませんので、赤ちゃんにも積極的に摂取してもらいたい成分の一つです。

 

また離乳食だけではなく、母乳やミルクを通して摂取する事が進められているので、母乳育児を実践しているママは積極的に食事にDHAやEPAを取り入れていきましょう。

 

最近の粉ミルクにはDHAやEPAが多く含まれているのも沢山販売されていますので、そういったものを代用すると良いですよ。

 

 

妊娠中は、胎児の脳や神経などが出来上がる大切な期間になります。

 

赤ちゃん

 

『妊娠中には葉酸が必要』と言われていますが、DHAやEPAは脳の発達を助ける効果もあるので、同時に摂取しておきたい成分でもあります。

 

特に妊娠後期の摂取が推奨されており、妊娠後期にDHAとEPAを摂取する事によって赤ちゃんの体内に吸収されやすく、体内組織へと蓄積していくためなのです。

 

DHAやEPAの量は生まれた後の脳の発達にも関係しているので、特に妊娠後期には積極的にDHAやEPAを取り入れていきましょう。

 

 

このように、大人だけでなく赤ちゃんにとってもDHAやEPAは成長を助けるために必要な栄養素なのです。

 

DHAやEPAが妊娠後期から授乳期にかけて、摂取量が足りない赤ちゃんはDHAとEPAの摂取量が多い赤ちゃんに比べて、脳の発達が少し遅れ気味なった、との研究結果もあるのです。

 

授乳期はお母さんがお魚やオメガ3脂肪酸と呼ばれるDHA・EPAに変換する良質な油を積極的に取り入れましょう。

 

離乳期が始まったらお魚を中心としたメニューでどんどんDHAやEPAを与えてく事が理想ですね。